”ドラゴンクエストシリーズ”のオススメの作品とは?おすすめドラクエシリーズのランキング形式BEST5!!

みんな大好きドラクエシリーズ。システムこそ大幅に変わる事なくコマンド式の戦闘を貫いていて、これまでにナンバリングの作品であれば11作品が発売されています。

テリーのワンダーランドなどのモンスターズ、アクションのヒーローズ関連やマイクラのようなビルダーズなど数多くのシリーズも存在する事でも有名ですね。

最近発売された11を含めて本編のナンバリングの中でオススメのドラクエを紹介します。(Xはオンラインメインなので省いて紹介します)

 

オススメのドラクエシリーズをBEST5で紹介!!

5.ドラゴンクエスト8

「ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君」。初心者なら間違いなくオススメできる作品の一つ。ストーリーこそ王道で生き残った主人公が呪いを掛けた道化師ドルマゲスを追う物語でシンプルな構成になる為、把握しやすく分かりやすいですね。

本作の特徴に戦闘はテンションシステムが採用されており貯める事で通常時と比べてダメージ増大させる事ができ、3もしくは4段階まで溜めた後、大技を発動して大ダメージを与えるのが主になります。

 

なお3DS版ではフルボイスのON・OFFや戦闘の高速化などプレイしやすくなっているので、今だとそちらのプレイか”スマホ版”でのプレイがオススメかも。

 

4.ドラゴンクエスト11

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」PS4で発売された事もありグラフィックが最高で、戦闘の迫力もありスピーディーに流れる為、ドラクエシリーズを普段プレイしない方でも間違いなくオススメできる本作。ただドラクエがもし初めての人で本作を触る場合は正直避けて欲しいというのが本音。

というのも過去作のオマージュが強すぎる為であり、過去作に似た展開が多く関連作品を知っていれば興奮する事間違いない作品なので他の作品をプレイしてから触った方が感動が大きくなります。

ただストーリーは衝撃的展開がありかなり面白い為、逆にドラクエシリーズを何回かプレイしている人にこそ一度はプレイしてほしい作品ですね。

 

少し気になる所でいえばBGMなど過去作で使われたのをアレンジして使っているのが多いせいかその結果、本作品におけるBGMが印象が薄いなどちょっとした部分が気になったりしますね。

過去作を知ってる人からすれば細かい部分で気になるだけなので別に問題ないかな?

 

3.ドラゴンクエスト4

トルネコと”はじゃのつるぎ”でピンとくる人は来る天空シリーズの第1弾「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」。

基本的に5章から構成されるオムニバス形式の作品でもあり、各キャラにスポットが当たる章をプレイして5章にて勇者と合流する話となる為、各キャラの背景などを知る事ができます。

 

特にトルネコがでてくる章で粘りプレイした人も多いはず。ごく稀に”はじゃのつるぎ”を売りに来る人がいるのでそれがでるまで繰り返すという流れですね。これを手に入れるかどうかで個人のプレイスタイルに少しばかり差がでます。

一番肝心で面白いのが、ここで稼いだお金は次に引き継がれないが”道具”はできるというところ。つまり・・・?

 

色々なやり方でプレイ可能で、DS版だと初期の頃と比べてもバランスが取れてるのでオススメです。

 

2.ドラゴンクエスト3

色んな人の思い出補正にあるであろう本作「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」。ロトシリーズ3部作の完結でありながら実は最初の物語。

SFC版やGBC版、Wiiにアプリ版など何回も移植されており、社会現象にもなった作品でもあります。

 

作品の特徴の一つに勇者の仲間を”ルイーダの酒場”から仲間を決める事にあります。具体的に言うと職業などを自由に決める事ができ、攻撃型の戦士か武闘家や、呪文が使える魔法使いや僧侶など好きに組み合わせて4人のパーティーで進める部分ですね。

そして何といっても転職システム。例えば魔法使い⇨戦士に転職すると呪文が使える戦士になれます。こうした特性を引き継いで強化でき、レベルをある程度上げて転職する事で確実に強くする事ができます。

 

ストーリーも面白く特に「下の方」に降りた時の興奮は”1”をやってれば知っている人も多いはず。そうでなくても世界が実はまだ存在するという壮大な世界観で感動する方も多いのかな?

今でこそスケールが大きいゲームがありますが、当時のゲームでここまでのやり込みがあるゲームもそうそう無いのでその圧倒的ボリュームに驚きます。なおこのゲーム実は”素早さ”が守備力に影響される為、盗賊が強かったりします。安定するのでオススメかな?

 

余談ですが、当管理人がプレイしたのはSFC版なのでメインテーマ後に起きる「トラウマになるあの現象」が起きて、心が折れ、神竜戦攻略がなかなかできずにいました。

その為、何十回もプレイしてたどり着いたのが”なった瞬間”リセットしまくるスタイルでしたね。たまに回避できるパターンがあるので。いや懐かしい。

 

1.ドラゴンクエスト5

ドラクエを語るならとりあえずこの作品をすればいいんじゃないかなていう本作「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」。ストーリー展開なら間違いなくオススメとしてこの作品。

名作といえば確実に名作で”幼年”⇨”青年”⇨”成長した息子と旅をする青年時代後半”という流れのストーリーとなり時間が経過して進行していく為、幼年期で出会った動物が青年期では凶暴なモンスターになってたりなど動揺を隠せない部分がありますね。

またこの作品最大の特徴に”結婚”があり、そこにおける選択が最大で重要なキモになります。

 

”ビアンカ”と”フローラ”。また、DS版では”デボラ”のいずれかを選択する事に・・・

普通にプレイして物語の流れでいえば”ビアンカ”1択。だがドラクエ5をやり込むなら合理的な選択として”フローラ”。あえて未知の領域に突っ込む”デボラ”という選択になりますね。

 

ただビアンカと会話して話を聞いているのであれば”フローラ”を選ぶのはなかなか勇気がいります。会話の流れからビアンカを選択しないとねちょっと罪悪感があり、抵抗がありますからね。

ただフローラはイオナズンが使えたりと”ゲームを進める上”では入れたいキャラではあります。フローラを選択するのはひどい、とか薄情とか言われたりするかもしれませんが人間やらなければいけない時があるのです。

後々の事を考えれば罪悪感があっても仕方なく選択するという重要な時が・・・・・

 

と言いますが初見であれば個人的には”ビアンカ”押しです。フローラを1発目に選択するのは非道だと思いますので、1回目は可能であればビアンカでお願いします。

 

まとめ:他の作品やヒーローズなどもオススメ!!

いかがでしょうか?数多くのドラクエがある今、昔のドラクエを振り返っても良いのかもしれません。最近ではスマホのアプリでも1~8まで発売されており、中断セーブもしやすくなっているそうです。8もできるのが驚きですね。

なおある意味問題の7ですが、アプリ版では新たに”石板レーダー”があり集めやすくなっているそうです。3DS版でもある程度場所が分かるなど改善はされてましたが、よりゲームプレイに支障がでないように工夫されてますね。

本編だとあの初心者泣かせの”石板集め”によりプレイ時間が掛かるなどマイナス要因だったので新規には良いのかもしれません。

 

当管理人も本編のドラクエをやり込んでいてかなり好きなんですが、実は一番やり込んでいたのはGBA”キャラバンハート”だったりしますね。あの種泥棒で有名なキーファが主人公でもあります。

本編後がメインで遊べる本作で心を使って転身など配合に近い事をでき、裏ボスを作ったりなどできるのですが、オーブを集めたりするなどそこに至るまでがひたすらやり込み、作業になるので正直人にオススメしにくい作品だったり。

本編だと7が一番プレイ時間が掛かりましたが、モンスターズ系統だとキャラバンハートというところですね。

 

また、PS4で発売されているヒーローズなども歴代キャラを操作でき、ワラワラしている敵を倒すのは無双チックでかなり面白いのでアクション好きな方であればこちらも触ってみると良いのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。