PS4を長く使いたいなら”通気口”は掃除するべき!?絶対やってはいけない掃除方法なども含めて紹介!!

掃除 クリーニング

PS4の通気口のお手入れはしてますか?いつの間にか埃が溜まっている事があり、放置すると熱がこもってファンが音を立てて爆音になったり、オーバーヒートして本体そのものが故障したりする原因となるので定期的に簡単なお手入れが必要となります。

今回は通気口の軽い掃除方法とやってはいけない方法も一緒に紹介します。

 

PS4の通気口のお手入れ方法まとめ!!

軽い通気口周りのお手入れなので特に準備するものは少ないです。

準備するもの

・乾いた布かウェットティッシュ

・綿棒もしくは掃除機

 

本体周りの通気口を綿棒で書き出すか掃除機で吸い取る

PS4 02

画像はPS4 PROになりますが、旧型PS4でも基本的な掃除方法は同じですね。

通気口に付いている埃を綿棒などで取るか掃除機で吸い取っていきます。

 

エアダスター

ここでの掃除方法の一つに”エアダスター”など埃を吹き飛ばしてやる方法もありますが、吹き飛ばして取ろうとすると本体内に埃が入ってしまう可能性があり熱がこもる原因となるので、もしやっている方がいたら基本やらない方が無難ですね。

 

絶対やってはいけない事、それは”正面でエアダスター”を使う事。

PS4 01

やってはいけない危険な掃除方法があり、正面のディスクいれる部分の近くでエアダスターを使ってはいけません。

このディスク入れる部分の中のブルーレイを読み取るレンズはかなり繊細で、わずかの埃でも入ろうもんなら読み取れなくなる可能性があります。

PS4のディスク部分の入口が埃防止のカバーになっているとはいえ、エアダスターみたいな強い吹き飛ばす力だと簡単に入ってしまうので要注意です。その為、この部分のお手入れは綿棒か布などで易しく掃除するようにしましょう。

 

最後はウェットティッシュなどで表面を仕上げる

最後に本体表の周りに埃があるなら湿ったティッシュなどで拭いてあげると埃は取りやすいと思います。ただもちろんUSB端子などに濡れた物は厳禁なので注意ですね。

 

数カ月に1回など、定期的に掃除すれば大丈夫です!!

春 光という希望

環境にもよりますが、あまり使用してない方であれば基本的に数カ月に1回でも大丈夫だと思います。逆にPS4を毎日使う方であれば月に1回はチェックした方が良いかも?

特に真夏は温度が高くなりますしね・・・・・通気口に埃が詰まっていると本体内部の温度が急上昇してファンがフル回転し爆音になるので、それを避けるためにもお手入れは必須です。

 

また、他の掃除方法として分解しての掃除などもありますが正直ファンなどの騒音に困ってない限りは触らない方が良いかも?

PS4 PROなら大丈夫ですが、旧型PS4はネジを外して空け閉めした際、静電気でディスクが勝手に排出される”イジェクトボタン問題”が起こったりするので要注意です。(管理人がその問題にぶち当たり、プレイに支障がでるなどして旧型PS4がご臨終しました)

ある意味ゲーム機も消耗品なので、定期的なメンテナンスで少しでも長く使えるようにしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。