名作STG”斑鳩”がSwtichに帰ってきた!?左右のコントローラーで2Pプレイ可能です。

5月30日にスイッチで”斑鳩 IKARUGA”が配信開始されました。名作STGで縦スクロールシューティングゲームですね。

以前はドリームキャストやゲームキューブ・・・最後に配信されていたのがSteamになるので4年ぶりです。

いやまた配信なのかよ、となる人もいるかもしれませんが、携帯機で出るのは初なので時代の進歩を感じます。といっても数年前にAndroidで配信されていたので久々みたいなものですが。

 

斑鳩とはどんなゲームか?

縦スクロールとは別に特徴的なのが”白”と”黒”の属性の概念があり、自機の属性を同じにするなどして敵の弾を吸収する事が可能なゲームです。何よりもその弾を吸収する事でゲージを溜め、解放する事で誘導レーザーを放つ事などが可能ですね。

 

ちなみにスイッチ版だと縦と横でタイトルが違う。

設定から縦画面、横画面切り替える事が可能です。その際、タイトル画面も少し違いますね。

↓横画面ver

 

↓縦画面ver

 

ちなみにこのゲーム初見だとEASYでも難しいです。

このゲーム弾を吸収できるという事は即ち、弾を吸収しないと避けれないという事です。

その為、属性切り替えを上手に行わないと即落ちします。

特に序盤はまだ良いのですが、後半はもう容赦ない弾幕を張ってきますのでいかに反対の属性の弾を喰らわないように避けていく事が大事ですね。

 

しかもNORMAL、HARDで大分難易度が違う。

ノーマルから、同じ属性(自機が”白”、相手も”白”の場合)だと敵を撃破すると弾を飛ばしてきます。その為、大量に敵を撃破すると避けないといけない為、落ちる可能性も大きくあります。

さらにハードだともうね、弾幕ゲーになる可能性大です。ハードは撃破すると属性関係なく弾がでるので敵が白黒密集してる所で大量撃破すると・・・もうね、カオス化します。

 

ただ久々にやりたくなるゲームの一つです。

筆者はゲームキューブでやってましたが、EASYでのクリアが精一杯でした。ノーマルは落ちまくりながら進めるといった状態であったのでハードは序盤で投げてましたね。弾無理!みたいな感じで。

ちなみに最後まで二人プレイしてる人は分かると思いますが、筆者は本当に最後の部分、機体の色の組み合わせで遊んでましたね。白と白、もしくは白と黒で止めを刺すなど、まあ超どうでもいい部分ではありますが・・・

 

ただやっぱり進めてかなり楽しいのでぜひオススメします。価格も1,600円で安いですしね。気軽に携帯機でできるのはメリットだと思います。

ちなみにコントローラーを分けて別々に機体を操作する事が可能なので、1つのソフトで2Pプレイも可能です。ご参考程度に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。