”Detroit: Become Human”は感情を持った機械がいる近未来!!衝撃な内容をレビュー!!(追記)

デトロイト ビカム ヒューマン

「変異体」と名付けられた人間と同等の知識・外見を持つ”アンドロイド”。

それは、自らの意思を持つ”アンドロイド”であった。

ーーそれは命か、それともモノか。ーー

 

先日、Detroit: Become Human(デトロイト ビカム ヒューマン)をクリアしました。といってもとりあえずクリアしただけでエンディングの一部分である事には変わりませんが。

ただ実際にプレイして感じた部分などあるのでそこを紹介しようと思います。

以下少しネタバレを含みます(核心に迫るネタバレは避けます)ネタバレが避けたい方はバックを推薦します。

 

 

Detroit: Become Humanを紹介!!

クアンティック・ドリームが開発したDetroit: Become Humanを少し紹介します。ちなみに過去には「ヘビーレイン心の軋むとき」、「BEYOND: Two Souls」などを手掛けています。

HEAVY RAINをプレイした方はわかると思いますが、今作も選択肢によって途中の内容・演出が変化し物語が分岐するマルチエンディングとなっています。

 

自らの選択が重要となるゲーム!!

2038年を舞台に人口知能、ロボット工学が高度に発展した”デトロイト”という都での「人間」と「アンドロイド」の話になります。

「アンドロイド」と呼ばれるモノの中には機械でありながら”人間の感情・意思”を持つ“変異体”と呼ばれる感情を持った機械が存在します。プレイヤーはそのアンドロイドを通して”自らの選択”をしていき、アンドロイドはただ便利な機械なのか?それとも生きているのか?

選択によって生じた物語を追体験をしていく事になります。

 

選択によってハッピーエンドになったり、バッドにもなります。つまりはマルチエンディングですね。

 

各主人公の物語を軽く具体的に紹介!!

 

コナー編は有利なるモノを探したりする行動がメイン!!

序盤でのコナーは人間を人質に取ったアンドロイドの交渉人として現地に向かいます。話によると母親の娘が人質にされているようですが、事件を起こしたのがアンドロイドなので、同じアンドロイドであるコナーを拒否していますね。

犯人に歩みよる為にその動機など何があったかを調べていきます。一応、そのまま行っても良いのですが悪い結末に繋がる可能性が高いので探した方が良いですね。

序盤は犯人の動機など交渉に有利なるモノを探す事が交渉成功率を高めるうえで大事となります。

 

具体的には実際に使われた凶器などを調べたりしていき、アンドロイドであるコナーはその状況を分析する事で実際に起きた事をシミュレーションのような感じで状況を再現してより事件の流れを調べていきます。

また、事件があった部屋を探していくとタブレットが落ちており、その中には今回の事件の動機の一つが・・・

 

犯人との交渉が有利にいくかでこの後の展開が大きく変化します。プレイヤーは自分で判断して選択していくのですが、時間制限があり考えている時間はあまりないので、ほどよい緊張感がありますね。

また、序盤の交渉の展開も含めて分岐が多数あり、結末でさえも多数あるので一度で全ての展開を見る事はできません

何度かやって確認できる2度、3度おいしいゲームとなります。

 

カーラ編は子供を守る為に自我を持つ!!

主人公の一人のカーラは子供を守る為に所有者の命令に背き子供を守るのですがその後の行動はプレイヤーに委ねられるのでかなり緊迫した状況下での操作となります。

選択によっては危険な方法を取らないと安全に夜を過ごせないルートや、簡単だけど危険なルートなどの複数の選択からいずれかを選ぶことになりますので、こういった”選択”が重要なゲームとなりますね。

 

マーカス編は仲間を救うために行動する!!

人間に危害を加えたと誤解されたマーカスは廃棄され、その先同じ仲間であるアンドロイドと出会いますが、人間達から隠れながら過ごす現状を目の当たりにしたことで、仲間を救う為に立ち上がる・・・それがマーカスの物語となります。

選択によってはヒヤヒヤする展開というのもありますね。

少なからず状況をよく見て行動すれば大丈夫かなと。状況によっては結構焦る場面もあるので注意ですね。

 

 

アンチャとは別の没入感がある最高のゲーム!!

このゲーム、映画みたいなんですよ。展開もそうなんですが何より”動き”が素晴らしすぎて本当のドラマを見てる気分で没入感が高いです。

似てる映画のゲームで言うと”アンチャーテッド”が代表的なゲームの一つにあります。アンチャも映像ともに最先端を行っているので感動モノですが、このデトロイトは別の方向性から没入感がありますね。

アンチャが”観て楽しみながら感じる映画”なら、デトロイトは”観て感情に訴える映画”だと言えます。

 

デトロイトは精神的に来ます。

このゲームの真骨頂は精神的にくる内容です。特にカーラ、マーカスの内容はいずれも感情を揺さぶるので結構涙腺にきます。

 

特にカーラのこの時の状況は・・・・・・守りたい、この笑顔。

 

一度だけでは全て味わえない。

制限内に解決しろだとか、失敗した場面に出くわすと一つ前に戻りたくなる時が存在します。

それでもこのゲーム一度プレイを開始したらとりあえず止まるまでプレイした方が良いです。その方が緊迫感と没入感がありますしね。

といっても本当に1回プレイしただけでは本作の全てを味わえないと思うので何度もプレイする事になりますが。

 

エンディング後は他のチャプターをプレイ可能!?

それにエンディング後は好きなチャプターからプレイする事も可能なのでもう一度再挑戦する事も可能です。

ただ進行状況によって次のチャプターが順次展開が更新されていくなど少し特殊なので実際やる場合は注意が必要かも。

 

実際に感動を味わえるゲームだと思う。

この手の内容は映画「A.I.」を連想させますね。人間の感情を持っている所が特に。出来が凄いというのがわかります。というのが人の表情が固くないんですよ、自然というか観てて映画チックというか。

それでいて自分で展開を選択して操作するので初見だと妙に緊張感があります。ただこのゲームはショッキングなシーン・展開が多いので、あまりその手のゲームをやってない方は気を付けた方が良いかも?

精神的な面でやられるかも?見てて”えっ!?”となりますしね。それでもプレイしてると没入感があり楽しめました。

 

また、選択によって展開が大きく変わるのでかなりドキドキしながら楽しめます。筆者はコナーが活躍せずエンディングを迎える前に脱落するなど、カーラはエンディング直前でミスるなど、マーカスしかエンディングにたどり着けなかったですね。

でもそういった間違いをしたら次はああするべきかな?とか考えてもう一度プレイできるのでそれが醍醐味になると思います。

普段この手のゲームをやらない方にはぜひオススメですね。ちなみに前のヘビーレインもオススメです。

【Check!!】一度はプレイすべきPS4のオススメソフトのまとめ20選!!低難易度から高難易度があるよ!!

2018.07.31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。