実は結構面白い!?過去に印象に残ったシステムのゲームをいくつか紹介!!

そういや今までで戦闘システムで一番面白いゲームて何だろうと考えました。

今回は取りあえずアクション要素や戦闘・もしくは関連するシステム部分で面白い物を何個か書き出してみます。

PS~PS4あたりの作品で何個か、恐らくまた追記するかも。

 

システムが面白いゲーム

ファイナルファンタジー12

言わずと知れたファイナルファンタジー、そのナンバリングタイトルの一つに際立ったシステムがあるのがFFXIIですね。

間違いなく好きな人、嫌いな人で分かれる作品ですがやはりガンビットシステムがかなり面白いです。

 

ガンビットと呼ばれるいわばAIを自分で組むシステムのようなものがあるのですが、基本上から順番よく条件を満たしてたらその行動を優先して行うシステムですね。

 

上から順番よく優先的に選ばれていくので”戦闘不能⇨フェニックスの尾”や”HPが3割になったら回復”など普通は条件を満たさないようなものを上に、逆に下に”敵と戦う”みたいな軽く条件が揃うのを下にするのが一般的ですね。

ただこのシステムの為、かなり慣れるまで難解です。ガンビットも最初揃ってないので、何していいか分からないという事もあるので人を選びます。

 

正直それ以外にもフィールドが広い、主人公が主人公してない、戦闘がオートで進行するのが嫌だ、という良い人にはオススメできないので要注意ですね。

 

ゼノギアス

よく例の部分でトラウマに上がる事が多いですが、シナリオ以外にも戦闘システムが面白く、毎ターンAPというポイントを使った組み合わせで攻撃するのですが、☐△☐〇などのボタンで弱・強攻撃で入力して攻撃していきます。

 

面白いのが必殺技があり、ある特定のコマンドを何度も入力していくと覚えたりしていきます。

例えば☐☐△〇ばっか使うと後にそれに関連した必殺技を覚えるという仕組みですね。

その為人によっては覚える必殺技の数に差があったり、色々覚える前に最後まで進んでしまう事も度々ありますが色々バリエーションがあるのでオススメです。

 

ソイレントシステム、DISC2やら、変異などなど色々問題シーンもありシナリオも専門用語が少し多いのでなかなか難しい印象がありますが面白い作品です。

ただ管理人はプレイしたのが結構前なのでストーリーが少しうろ覚えなんですよね、ただ覚えてるのは間違いなく”シタン先生”をとりあえず入れて使っとけば問題ないです。そこは覚えてます。

 

スターオーシャン3(SO3)

シナリオ?戦闘楽しければ良いんだよ!!みたいなゲーム、”スターオーシャン Till the End of Time”。

戦闘に関しては間違いなく面白いです。ただ難しいですが。

 

SO3は弱・強・プロテクトの3すくみの概念があります。

Gutsと呼ばれるゲージを使い、それを消費して攻撃や必殺技をだしたり繋げていくのですが、何もしない状態”Gutsのゲージが100%”であれば小攻撃を防ぐプロテクトでカウンターが発動します。

相手が弱攻撃なら何もせずプロテクト⇨カウンター狙う、もしくは強攻撃なら回避するという技術が必要になりますね。それを駆使して終盤まで乗り切ります。

 

何よりも大事なのがキャンセルボーナスの存在。

弱攻撃→弱必殺技→強必殺技→弱必殺技・・・とGutsが切れるまでひたすら技を途中でキャンセルして繋げる事が可能なのですが、175%→200%→250%と最大300%まで威力が上昇していきます。

相手の攻撃を喰らわず、威力の強い大技をできる限りキャンセルボーナスで高くして当てる事が大事になるゲームですね。

 

一応PS4で3すくみの仕組みが残った”スターオーシャン5”があるにはあるのですが、遠距離キャラのある必殺技で3すくみが崩壊できたりなど色々問題があるのでやるならSO3ですね。

 

他にも色々あります。

ニンジャガ、エンドオブエタニティ、ベヨネッタ、テイルズ オブ ディスティニ―2、戦場のヴァルキュリア、ゼノブレイドなどなど色々ありますがとりあえず書き出してみました。

またパッと浮かんだら追記するかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。